Home »アーカイブ

技術情報

技術情報 , MicroCal製品 , 示差走査型カロリメトリー »

[ 2017/09/22 | Posted by ]

「示差走査型カロリメトリーを用いたタンパク質バイオ医薬品の液体製剤開発の促進」このアプリケーションノートでは、抗体をはじめとするバイオ医薬品、特に液体製剤の開発において、DSCがどのように活用されているかについて説明しています。液体製剤の課題としては、物理的安定性を最大限に保ち、化学的分解等を最小限に抑え、溶液中でのバイオ医薬品の安定性を保つこ [...]

続きを読む »

技術情報 , MicroCal製品 , 示差走査型カロリメトリー »

[ 2017/09/22 | Posted by ]

 DSC Origin ソフトウェアでTmはどのように求めているのでしょうか?【内容】MicroCal VP-DSCおよびVP-Capillary DSCをご使用の方が対象となります。DSCでは2つのTmの求め方があります。本来のTmは、50%がNative、50%がUnfoldな状態の温度を示します。ですが、一般的には、ピークトップをTmとして評価することが多いです。ここでは、MicroCal DSCのOrigin解析ソフト [...]

続きを読む »

技術情報 , マイクロカロリメトリー , MicroCal製品 , 示差走査型カロリメトリー , 等温滴定型カロリメトリー »

[ 2017/09/11 | Posted by ]

創薬開発におけるMicroCal お役立ちコンテンツ Vol.2です!お役立ちコンテンツVol.1はこちら コンテンツ1:「MicroCal ITC-ホワイトペーパー(英語)」『Addressing the needs of drug discovery with the MicroCal PEAQ-ITC instruments』(MicroCal PEAQ-ITCシステムによる創薬ニーズへの取り組み)ホワイトペーパーダウンロード【トピック】低分子創薬開発におい [...]

続きを読む »

技術情報 , マイクロレオロジー »

[ 2017/09/01 | Posted by ]

アプリケーションDLSマイクロレオロジーによるタンパク質溶液の粘度測定 近年、高濃度タンパク質製剤の流動特性の測定が大きな注目を集めています。 本アプリケーションノートでは、モデルタンパク質系の複素粘度を測定するために、動的光散乱法(DLS)に基づいたマイクロレオロジーを適用した例を示します。媒体に埋め込まれるまたは分散された粒子は、ブラウン運 [...]

続きを読む »

技術情報 , ナノトラッキング粒子径測定装置 »

[ 2017/09/01 | Posted by ]

アプリケーションエクソソームと微小小胞:ナノトラッキング法を用いた、濃度、サイズ、表現型解析このアプリケーションノートでは、ナノサイトのナノトラッキング法(NTA)を使用して、低濃度における微小小胞およびエクソソーム(細胞外小胞)の両方の粒子径と濃度を測定する方法について説明します。 この新規分野では現在、厳密に定義されていませんが、これら2種類 [...]

続きを読む »

技術情報 , ナノトラッキング粒子径測定装置 »

[ 2017/09/01 | Posted by ]

アプリケーションナノトラッキング法を用いたタンパク質凝集の可視化、高解像サイズと濃度の測定タンパク質凝集は、製品の製造工程(細胞培養、精製、製剤)、保管、流通、取り扱いのあらゆる段階で起こる可能性があります。この原因は、攪拌や極度のpH、温度、イオン強度への曝露、様々な界面(例:気液界面)などの各種ストレスです。高濃度タンパク質(一部のバイオ製 [...]

続きを読む »