Home »アーカイブ

マルチ検出器GPC/SECシステム

イベント情報 , 粒子径・ゼータ電位・分子量測定装置 , , マルチ検出器GPC/SECシステム , 微量粘度・サイズ測定装置 , セミナー・学会・展示会 »

[ 2016/06/02 | Posted by ]
ナノ学会第14回大会<br>(2016年6月14日(火)~16(木))に参加します

マルバーンは、ナノ学会第14回大会 展示会に出展します。日程: 2016年6月14日(火)~16日(木)会場: 北九州国際会議場 詳細や参加申込については、ナノ学会第14回大会のWebsiteをご覧ください。展示会、マルバーンブースへのご来場をお待ちしております。●ご紹介装置粒子径・ゼータ電位・分子量測定装置ゼータサイザーナノ粒子径・ゼータ電位・分子量・ラマン分析測 [...]

続きを読む »

イベント情報 , 粒子径・ゼータ電位・分子量測定装置 , , マルチ検出器GPC/SECシステム , 微量粘度・サイズ測定装置 , セミナー・学会・展示会 »

[ 2016/05/09 | Posted by ]
第65回高分子学会年次大会  <br>(2016年5月25日(水)~27(金))に参加します

マルバーンは、第65回高分子学会年次大会 総合展示会に出展します。日程: 2016年5月25日(水)~27日(金)会場: 神戸国際会議場・展示場 詳細や参加申込については、第65回高分子学会年次大会のWebsiteをご覧ください。総合展示会、マルバーンブースへのご来場をお待ちしております。●ご紹介装置マルチ検出器 GPC/SECシステム OMNISEC粒子径・ゼータ電位・分子量測定 [...]

続きを読む »

イベント情報 , 粒子径・ゼータ電位・分子量測定装置 , マルチ検出器GPC/SECシステム , MicroCal製品 , セミナー・学会・展示会 »

[ 2016/03/16 | Posted by ]
日本化学会 第96春季年会<br>(2016年3月24日(木)~27(日))に参加します

マルバーンは、日本化学会 第96春季年会 (2016)にて付設展示会に出展します。日程: 2016年3月24日(木)~27日(日) (付設展示会は、26(土)まで)会場: 同志社大学 京田辺キャンパス 詳細、参加申込については、日本化学会 第96春季年会 (2016)のWebsiteをご覧ください。<付設展示会>●場所: デイヴィス記念館 (ポスター発表と同じ場所です)マルバーンブー [...]

続きを読む »

技術情報 , マルチ検出器GPC/SECシステム , サイズ排除クロマトグラフィー(SEC) , ゲル浸透クロマトグラフィー(GPC) »

[ 2015/11/25 | Posted by ]
光散乱・粘度計を含むマルチ検出器GPCへの<br>アップグレードのメリットについて

マルチ検出器GPCシステムをご利用いただくメリットについて説明したプレゼンテーションをご紹介します。このプレゼンテーション(音声付)では、従来型のGPCをお使いの方に、わかりやすくマルチ検出器GPCのメリットを説明しています。例えば、マルチ検出器GPCでは、光散乱検出器により、溶出体積に依存しない絶対分子量が算出できたりします。ウシ血清アルブミン(B [...]

続きを読む »

製品情報 , マルチ検出器GPC/SECシステム , サイズ排除クロマトグラフィー(SEC) , ゲル浸透クロマトグラフィー(GPC) »

[ 2015/06/16 | Posted by ]
マルチ検出器GPC/SECシステム<br>新製品 OMNISECとViscotekシリーズ動画

2015年6月1日に発売した、OMNISECがよくわかる動画をご紹介します! また、すでに発売中のVisoctekシリーズもご紹介した動画もご用意しました。※Visoteck TDA305のPDA検出器は現在販売を終了しています。ご了承ください。クロマトグラフィ―と検出器の構造はどのようになっているのか?光散乱検出器?示差屈折率検出器?粘度検出器?装置の構造をお [...]

続きを読む »

製品情報 , 分子サイズ , 分子量 , タンパク質凝集 , マルチ検出器GPC/SECシステム , サイズ排除クロマトグラフィー(SEC) , ゲル浸透クロマトグラフィー(GPC) »

[ 2015/06/01 | Posted by ]
高分子の絶対分子量測定および構造解析が可能<br>マルチ検出器GPC/SECシステム OMNISEC発売

マルバーンは、マルチ検出器 GPC/SECシステム OMNISECを2015年6月1日より発売します。従来のGPC(ゲル浸透クロマトグラフィー)/SEC(サイズ排除クロマトグラフィー)では、示差屈折率(RI)検出器やUV検出器による相対的な分子量測定が行われてきました。OMNISECは、光散乱検出器と粘度検出器を含む最大4種類の検出器を備えることで絶対分子量と固有粘度の測定が可能です。必 [...]

続きを読む »